HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 ワタクシは北海道で釣りや屈斜路湖でレンタルカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログは、フライフィッシングをつうじて出逢った情景や魚たちを中心につづっています。ガイドの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< ポラウイング ハードカラーシリーズ ドゥーブルグリーン85 | main | 釧路川水系のいつもの渓流 >>
ポラウイング ハードカラーシリーズ ベドウィンブラウン85
偏光レンズ ひとことインプレッション
コンベックス ポラウイング ベドウィンブラウン85 CXPW-33

コンベックス ポラウイング(偏光グラスの詳細ページへ)
(写真をクリックすると偏光グラスの詳細ページへ)

CXPW-33 ベドウィンブラウン85

CXPW-33 ベドウィンブラウン85
(偏光レンズの見え方の詳細ページへ)

湖のフライフィッシャーにはオススメです。ほとんど波のない状況であれば何でも良いのですが、特に、明るく晴れた日の湖で、波間に漂うドライフライを凝視しなければならない、または見失うわけにはいかないようなシチュエーションには打ってつけです。ブラウン系ということで、ややコントラストチューニングの効果もあり、逆光のような状況でも比較的見やすいのがありがたいところです。

渓流では、ほとんどの場合ここまで色の濃いレンズは不要で、開けた陽射しが強いなどのキーワードをともなう贅沢品の一種というものです。

海の釣り師に対しては、どちらかというとグリーンやスモーク系の方をオススメします。なぜかわたしの偏見かも知れませんが、海でブラウン系というのは合わない気がしてなりません。最近、サーフなどでの釣りをあまりしないので、その辺の無知から来るものなのかも知れません。

| 偏光グラス | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://flyfishing.toyamarod.com/trackback/828710
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ