HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 ワタクシは北海道で釣りや屈斜路湖でレンタルカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログは、フライフィッシングをつうじて出逢った情景や魚たちを中心につづっています。ガイドの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< ポラウイング ライトカラーシリーズ クラウドブルー | main | ポラウイング ライトカラーシリーズ ドゥーブルグリーン >>
ポラウイング ライトカラーシリーズ ロマネパープル
偏光レンズ ひとことインプレッション
コンベックス ポラウイング ロマネパープル CXPW-03

コンベックス ポラウイング(偏光グラスの詳細ページへ)
(写真をクリックすると偏光グラスの詳細ページへ)

CXPW-03 ロマネパープル

CXPW-03 ロマネパープル
(偏光レンズの見え方の詳細ページへ)

昔から言われている偏光レンズのカラー選択の基本は、目的のフィールドと同系列のカラーを選ぶと間違いが少ない。水底に岩が多い釣り場ならグレーかブラウン、土から泥の場合はブラウン系、水草や周りに緑が多いところはグリーン系。はて、困った。このロマネパープルの使い道がすぐには思い付かない。パープルとは言っても極端な紫ではないので、それほど気にしなくても良いようだ。オシャレのはんちゅうかも知れない。

紫で思い付いた、岩ノリはどうだろう。磯釣り師にこのロマネパープルの需要はあるだろうか。あとはごく狭い範囲ではありますが、参考までに、北海道のアメマスというかエゾイワナが紫がかっていることが多いので、有効です。

あと釣りとはあまり関係なさそうだけど、写真撮影時に蛍光灯の色を補正するのに紫色っぽいフィルターをかますことがあります。ひょっとするとこのようなシチュエーションでも利用可能か? って、どんなシチュエーションなんだ?

| 偏光グラス | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://flyfishing.toyamarod.com/trackback/813894
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ