HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 ワタクシは北海道で釣りや屈斜路湖でレンタルカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログは、フライフィッシングをつうじて出逢った情景や魚たちを中心につづっています。ガイドの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< ポラウイング ライトカラーシリーズ ハリカンスモーク | main | ポラウイング ライトカラーシリーズ ロマネパープル >>
ポラウイング ライトカラーシリーズ クラウドブルー
偏光レンズ ひとことインプレッション
コンベックス ポラウイング クラウドブルー CXPW-02

コンベックス ポラウイング(偏光グラスの詳細ページを表示)
(写真をクリックすると偏光グラスの詳細ページへ)

CXPW-02 クラウドブルー

CXPW-02 クラウドブルー
(偏光レンズの見え方の詳細ページへ)

ちょっこら青味がかっていて、一見クールなオシャレサングラス風。ブルー系に少しだけ振っているということは、赤や黄色系の光を少しだけ余計にさえぎろうという発想だと思う。ということは、特に日中のまぶしいときに、派手な濃いめのサングラスはかけたくないけど、まぶしさは抑えたいという向きにオススメ。青系のレンズに合うシチュエーションは、フィールドで言うと、湖や海に向いている。

しかし、なんだろう、青色の光がやけにまぶしい気がする。これが青ヌケというやつだろうか。ライトカラーシリーズの弱点はどうやらこのへんにありそうだ。やはり淡色にこだわると色々と問題も出てくるんですね。この弱点を克服したのがSPというわけで、それでSPの存在意義があるということか。早くSPのカラー増を願う。試しにこのレンズを回しながらパソコンモニターを眺めてみた。案の定、真っ青に変化する角度がある。真っ青というより青紫といった感じか。同じ実験もSPやハードカラーシリーズでは、ほぼニュートラルなので、ライトカラーシリーズとスポーツカラーシリーズにのみ存在する弱点のようだ。

| 偏光グラス | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://flyfishing.toyamarod.com/trackback/812387
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ