HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 ワタクシは北海道で釣りや屈斜路湖でレンタルカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログは、フライフィッシングをつうじて出逢った情景や魚たちを中心につづっています。ガイドの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< 今シーズンのガイド、予約受付中です | main | 前々回の工作のつづき >>
シューティングヘッドのつなぎ目
シューティングヘッドのつなぎ目

みなさんはシューティングヘッドとランニングラインのつなぎ目の段差、気になりませんか?

普通は気にしないですよね。

ということで、ごく少数派の気になるひと向けのネタを少々。

そもそもつなぎ方がひとそれぞれいろいろあるわけで、あくまでも私のやり方ということでご理解ください。

上の写真にあるように柔らかいチューブで覆っています。太さの違う2〜3種類のチューブで、段差を滑らかにしています。ポイントは、柔らかいチューブを使うということです。チューブが柔らかければ、ガイドを通るときに抵抗感が激減します。音もほとんどしないぐらいで、ひじょうに快適です。2〜3種類のチューブは、それぞれ少しずつ重ねて、重なったところをごく少量の瞬間接着剤でつなげてます。

派手目のチューブを使うと、かなり遠くからでも目立つので、目印にもなって便利です。魚のアタリをとるというよりは、つなぎ目が一目瞭然なので、垂らしの量であったり、打ち返すタイミングをとるのにも便利です。

上の写真の上段のモノは、ループ・トゥ・ループで接続したものです。ちょっと太目のチューブで完全に覆っています。

下段のモノは、わずかに隙間が見えると思いますが、実はその隙間にはスイベルが隠されています。

シューティングヘッドのつなぎ目

スイベルを覆い隠してある状態。これが通常使用時の状態です。もしも頻繁にズレてしまうようだったら、細い糸を使ってユニノットで固定してもいいです。ユニノットの余った部分は切らずに少し残しておきます。そうすれば、はずすときには糸を引っ張れば簡単に取ることができます。

シューティングヘッドのつなぎ目

チューブをずらしてみると、スイベルが顔を出します。ランニングラインは、このスイベルに直接結束します。なので、ランニングラインが太い場合は、やりにくいかもしれません。

ラインの癖と水流抵抗で、あるいは投げ方の癖で、ラインは少しずつヨレてしまいます。で結局細いランニングラインにシワ寄せが、ということになる。なので、フローティングラインの場合は使うのをためらってしまうのですが、シンキングタイプのラインの場合は断然スイベルを使ったほうがいいです。

気になるのはスイベルの強度でしょうか。心配はほとんど無用のようです。少なくとも20ポンド程度ではまったく問題なしです。スイベルの限界強度近くで引っ張るとまずは変形しはじめます。そして回転しなくなりますので、もし回転が悪くなるぐらいの幸運に恵まれれば、交換が必要になってくるでしょう。

シューティングヘッドのつなぎ目

以前は透明のシリコンチューブを使っていたのですが、手に入りにくかったり、高価だったりで、今はまったく使っていません。柔らかなチューブなら何でもいいのですが、いまのところは、このチューブを使っています。普通の釣り具屋さんで、実に安価なものが様々売られていますので、「柔らかい」チューブを探してみてください。


 
| エッセイ | 12:43 | - | - |

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ