HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 ワタクシは北海道で釣りや屈斜路湖でレンタルカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログは、フライフィッシングをつうじて出逢った情景や魚たちを中心につづっています。ガイドの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< エゾイワナ釣り | main | 蝦夷梅雨 >>
野生のニジマスが釣りたい
野生のニジマス

それとも放流ニジマスでいい?

極論で言えば、放流ニジマスなんて、いらない。

魚種にこだわらず、その川で世代交代を繰り返した野生の魚が釣りたい。

大きなニジマスしかいない川は、放流モノの生き残りがほそぼそと暮らしているだけで、健全とは言いがたい。小さいキレイな魚がいるだけでもダメ。川は醜い状態だけど、釣りはしたいから、とりあえず放流で何とかしておこうなんて、安易すぎるじゃないか。

なんで、山や川を健全な形に戻そう、という声が大きくならないのか。

いまの日本ではムリか・・・。チェっ。

生まれてきた時代が遅かった。

いまの知恵をもって100年前に生まれたかった。

そしたら、

忠告できたのに。


 
だって、しようがないじゃない、って言う人には、なんて志が低いんだって言いたい。

じゃ、みずから行動で示せばいいじゃないって言われそう。

でも、だって、身動きがとれないんだから、しょうがないじゃない。


 
| 環境 | 22:25 | - | - |

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ