HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 ワタクシは北海道で釣りや屈斜路湖でレンタルカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログは、フライフィッシングをつうじて出逢った情景や魚たちを中心につづっています。ガイドの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< ワイルドレインボーの渓流ドライフライフィッシング その2 | main | 紅葉の渓流でドライフライフィッシング >>
装備の軽量化を図るためカメラをかえた
水中で見たヤマメ

水辺で使うんだから防水のほうが、いいよね。そこで今回から、水中撮影もできるというコンパクトカメラにしてみた。水中撮影ができるなんていわれると当然やってみたくなる。

しかし、渓流の水は冷たいね。ずっと水の中に手を突っ込んでたら1分が限界。水中撮影第1号に協力してもらったのは、この日初めに掛けたヤマメ君。天候の具合というか日の差し込む角度の問題か、そうとう水中が暗く水中撮影は難しいことが判明した。

水中で見たオショロコマ

水中撮影で水中が暗いとどんなことが起こるか。暗いことでシャッタースピードが遅くなり、ブレる。激しく動き回るすばしっこい魚など、まずピントが合わない。いっぱい撮って偶然撮れた良い写真だけを残すのが正解かな? この写真はオショロコマ。偶然の産物ですが、ピントはあまいし、ブレてる。水中撮影は、まず季節と天候を選んで、あまり接写にこだわらないほうが良さそう。

渓流でのんびりマッタリ

この日は、のんびりマッタリコース。昼食は川原で。そして、siesta(シエスタ)。

| 釣行記 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://flyfishing.toyamarod.com/trackback/1366240
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ