HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 ワタクシは北海道で釣りや屈斜路湖でレンタルカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログは、フライフィッシングをつうじて出逢った情景や魚たちを中心につづっています。ガイドの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< コルク大好き | main | エクステとモッコリエンド >>
フライライン・ストッカー
フライライン・ストッカー

いろんなシチュエーションの釣りをしていると、必要なラインってどんどん増えていきますよね。あるいは、使ってみたいラインって増えるいっぽうですね。

普段比較的ひんぱんに使用するラインの一時保管用のストッカーを作ってみました。

最近のラインは、簡単に巻きぐせが取れたり、性能が上がっているので、リールに巻きっぱなしでも、昔ほどは困ることがなくなったようにも感じています。

しかし、使ったまま湿ったままにしておくのは気が引けるので、いちいちリールから引き出して巻きぐせがつかないようにのばしておいたり、キレイにしたり、必要に応じてドレッシングしたり、日頃のメンテナンスは必要です、たぶん。

フライライン・ストッカー

ひんぱんには使用しないラインや予備ラインなどは、買ったときについてくるスプールに巻いておいたり、ラインワインダーなるものを使って大きめに巻いて、ビニール袋に入れたりしておけばかまわないでしょう。

よく使うラインは、チャチャッと巻いてパパッと持ち出せるように、こんなストッカーが欲しいな〜、とは前々から思っていました。ちょうどイイ感じのものが欲しかったので、チャチャッと作ってみました。廃材や端材で簡単に作っただけなので、見栄えはよくありませんが、機能的には問題ありません。車移動であれば、このまま持ち出すこともできるでしょう。

フライライン・ストッカー

フライライン・ストッカー

中側の十文字状になったスプールには、一度に6〜7本のラインをストックできます。

ラインを巻いたら、十文字部分を閉じるようにすれば、巻かれたラインからテンションが抜け、巻きぐせを防止する仕組みです。


| エッセイ | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ